いろいろなシーンで大活躍!サロモンのハイキングシューズ「X ULTRA 3 GTX」レビュー

  • HOME
  • Post
  • TOPICS
  • いろいろなシーンで大活躍!サロモンのハイキングシューズ「X ULTRA 3 GTX」レビュー

サロモンのハイキングシューズ「X ULTRA 3 GTX」をシーン別にトレステスタッフがレビュー!
富士山御殿場口の特徴、「双子山」や「富士山自然休養林」のハイキングに加え、キャンプフェスで使ってみたレビューも掲載しています。
ローカットのシューズなので、普段履きにも使えるのでは?
購入を検討されている方、ハイキングシューズを探している方、ぜひ参考にしていただければと思います。

往復約2時間でいける!双子山トレッキングで「X ULTRA 3 GTX」を履いてみた。


私はこれまでしっかりした登山履を履いての登山の経験はありますが、今回初めてハイキングシューズSalomon X ULTRA 3 GTX を履いてハイキングをした。
場所は富士山御殿場口新五合目から60分ほどで行ける双子山(二ツ塚下塚)です。
9月の上旬で天気は晴れ、午前中に登ったこともあり空気が澄んで見晴らしの良い景色が楽しめました。登山道から15分ほど歩いた先の茶屋をあとに足場は砂礫という砂や小石の中を登ります。


X ULTRA 3 GTXを履く前は、自分の足幅に対して少し細いかなと思い心配でしたが、歩き始めてから不安は解消されました。包み込むようなフィット感とQuicklaceという、細くて丈夫な紐を1回で締めあげることができるシューレースのおかげで、微妙な調整も手早くできました。


登りはトレッキングシューズより重量が軽く柔らかいシューズのおかげで快適に歩けました。砂よけメッシュのおかげで、細かい砂が入ることはありませんでした。富士山の花であるフジアザミなども見つ写真をとりながら、
登り始めてから1時間半ほどで目的地である二ツ塚下塚へ到着。富士山は山頂までよく見えるまさしく絶景が楽しめました。

下り坂では膝を傷めないように、かかとから着地するよう心がけました。かかとを覆うように装着されたADVANCED CHASSISという着地の反発を利用して次の一歩のための反発に変える作用を持つシャーシのおかげで下り坂も楽しめました。
GORE-TEX®モデルなので、気候が変わりやすい山で突然雨の雨に降られても濡れや蒸れることなく快適に登山が出来ることでしょう。

急な雨でも大活躍!富士山自然休養林で「X ULTRA 3 GTX」を履いてみた


富士山御殿場口の休養林を抜けて幕岩までのハイキング!
雨で濡れた木の根の上を踏んでも滑ることはなく、抜群のグリップ力で思わず小走りになった。


実際に歩いてみると、くるぶしやかかと付近のクッションがしっかりしていて快適な履き心地だ。
足の幅が広めだが普段と変わらない27.5㎝のシューズをチョイス。
サイズ感は問題なく、シューレースの調整もしやすく使い勝手が良い。

約2時間程のハイキングを終えても靴の中まで濡れたり蒸れず、急な天候の変化でも活躍する1足だ。

音楽フェス「『The Coleman Camp 2019」でカメラマンが「X ULTRA 3 GTX」を履いてみた


XA PRO 3D GTXを普段はいているが、比べるとシャープな印象。
実際履いてみて、クイックシューを締めたところより足にフィットする感じがした。
靴ヒモ格納ポケットが有るのがGOOD。


フェスが開催された3日間で各日3万歩程度歩いた。
クッション性が高く、軽い為、会場内を思いっきり歩き回ることができた。

フェスの仕事をする中で普段は夕方過ぎるとふくらはぎが張り、
マッサージを受けることがあるが、今回、疲労感はあまりなかった。


また、雨が降ったり止んだりする悪天候の中、靴の中に浸水することなく、快適に過ごせた。
さすがGORE-TEX素材!!

軽くてクッション性やグリップ力もあり、GORE-TEXの靴だが、価格もリーズナブル。
コスパ抜群のシューズだと思う。

関連記事